Monday, March 20, 2017

Mariah マライヤさん

私たちがメダルを送り続けているアメリカのノースダコタ支部のブログより。

ノースダコタのスタンフォード病院での
M4Mのメダルを受け取ってるたくさんの皆さんに、
今日もおめでとう、と伝えましょうね。
メダルを受け取ってくれる患者さん、そしてご家族の皆さんの様子に

今日も心を動かされています。元気をもらいました。

受け取ってくださった患者さんの一人のマライアさんと
お母様(左)とお祖母様(右)は
最近、テキサスのダラスから引っ越していらしたとのこと。
ものすごく喜んでくださいました!!

メダルを寄付してくださっている皆さん、そして、スタンフォード病院の皆さん。
こうやっていつまでも心に残るであろう思い出を
作ってくださってありがとうございます。





There is no living thing that is not afraid when it faces danger. The true courage is in facing danger when you are afraid. — L. Frank Baum, The Wonderful Wizard of Oz
Congratulations to the many Medals4Mettle recipients at Sanford Hospital yesterday. It was an emotional and motivational experience for our recipients and their families - a much needed boost.
One of our recipients, Mariah, along with her mother (left) and grandmother (right) - recently relocated from Dallas - were joyously overwhelmed.
Thank you to our medal donors and to Sanford Hospital for making these moments forever memorable.


*日本では、水都ウルトラマラニックの大会会場で
メダルの寄付を受け付けています。
これまで1000個以上のメダルが海を渡って、
アメリカの子供病院などに届けられています。
http://osakaultra.com/

Friday, March 17, 2017

A wonderful young and courageous lady from western North Dakota とっても素晴らしい若くて勇気がいっぱいの彼女!

私たちがメダルを送り続けているアメリカのノースダコタ支部のブログより。



最近、この女の子に(日本の水都大阪100kmの完走)メダルを送りました!
おめでとう!とっても素晴らしい若くて勇気がいっぱいの彼女!
ノースダコタ西部在住です。

”本当のヒーローってのはその強さで測られるのじゃなくて、心の強さで測られるんだよ”




Congratulations to our most recent Medals4Mettle recipient - a wonderful young and courageous lady from western North Dakota.

"A true hero isn't measured by the size of his/her strength, but by the strength of his/her heart."





*日本では、水都ウルトラマラニックの大会会場で
メダルの寄付を受け付けています。
これまで1000個以上のメダルが海を渡って、
アメリカの子供病院などに届けられています。
http://osakaultra.com/

Wednesday, March 15, 2017

Miracle on Main All Abilities Relay(メインでのミラクル。すべての人のリレー)

日本の私たちが送っているノースダコタ支部のブログより。

先日は素晴らしい日でした!
Miracle on Main All Abilities Relay(メインでのミラクル。すべての人のリレー)」というイベントで、
20人の若者がM4Mのメダルを受け取りました。

これは、ノースダコタ州の首都のファーゴでのイベントです。
リレーの最終ランナーは19歳のジャスティンくんです。
ジャスティンくんは、人生の殆どを車椅子で過ごしているのですけど、
今回、このイベントで歩いて参加するのを目標に歩行器の練習をしてきたのです。
自閉症、脳性マヒ、などなどで足止めなんてくらってませんぞ!
みんなおめでとう!ここのYoutube でイベントの様子が見られます。

私たち、日本人ランナーの送ったメダルの中から、
2014年のボストンマラソンのメダルが選ばれて、
ジャスティンくんに送られています。
動画の5分ぐらいのところにインタビューがあります。

日本人の皆さん、
いつもたくさんのメダルをノースダコタに送ってくださってありがとう!
子供達はみんなすごーく喜んでいます!

https://youtu.be/8J-qX92H84s


What a phenomenal day yesterday was! 20 young souls were recipients of M4M medals at the Miracle on Main All Abilities Relay in downtown Fargo, ND. And leading them to the finish line of the relay was 19-year-old Justin Meyer; Justin has spent most of his life in a wheelchair but he trained at TNT Fitness with his walker so he could walk as part of the relay. Congratulations - autism, cerebral palsy, etc. will not slow you down! You can see footage of the event and medals ceremony on our local broadcasts at: https://youtu.be/8J-qX92H84s
Special thanks to M4M Coordinator Yoshiko Jo - many of the medals awarded (including the 2014 Boston Marathon medal to Justin - see the interview around 5:00 of the video) were from her donation to North Dakota! The children were ECSTATIC!





*日本では、水都ウルトラマラニックの大会会場で
メダルの寄付を受け付けています。
これまで1000個以上のメダルが海を渡って、
アメリカの子供病院などに届けられています。
http://osakaultra.com/

Monday, March 13, 2017

ジャスティンへのメダル Medal to Justin

今朝は20個のメダルが送られました。
詳細は次のブログで。新聞にも取り上げてもらいました。
この少年、歩くということが挑戦で、
そのゴールとして、M4Mのみなさんのメダルの一つが渡されたのでした。

One of 20 M4M recipients this morning in Fargo! Very exciting! This is our newspaper clip!
(5/13/2015)

** More stories to follow in our next blog.



Saturday, March 11, 2017

シグネちゃんへのメダル Medal to Signe


NY在住の日本人のYさんのボストンマラソンのメダルがシグネちゃんというこの少女に渡されました。Yさんご自身も、癌の闘病中のことで、癌だとわかる前に、このメダルをM4Mに寄付してくれていました。Yさんはメダルを寄付した時にはあまりわからなかったのですが、今回ご自身の闘病経験を通じ、誰かがメダルをくれることの意味を深く知ったということです。

英語ですが1分ぐらいの動画。
シグネちゃんがメダルを受け取る時の表情が可愛いです。

私たちがメダルを送り続けているノースダコダ支部の映像です。

Our friend Yuko donated her Boston medal to M4M a while ago. At that time, she didn't know she had to go through cancer treatment. She decided to donate because it's cool thing to do.  Now,  she learned that the power of medal.

This video can show how M4M North Dakota is presenting medals to their patients.






Thursday, March 9, 2017

今週のメダル

脳腫瘍の患者さんに、今週はメダルを送ることができました。お名前は、人権の関係で今回は伏せます。回復とご家族のためにお祈り申し上げます。

『闇の深さに関わらず、そこに光を感じることができれば、希望につながる』
デスモント・チュチュ



Graciously and proudly donated to a brain tumor patient this week (name withheld for HIPAA confidentiality) - prayers for his journey and his family.

"Hope is being able to see that there is light despite all of the darkness."
- Desmond Tutu

(4/15/2015)

Monday, March 6, 2017

お久しぶりです。これからしばらく、私たちがここ2年ぐらいメダルを送ってきているノースダコタ支部についての記事を書いていこうと思います。

私がここ、ノースダコタとつながりを持つようになったのは、M4MのコーディネーターのFBの投稿を目にしたことでした。そこのコーディネーターのリーさんは、とても熱心で、病院関係者の方々もメダルを病児さんや患者さんに渡すことには賛同してくださってるのですが、なんせそこの地域はも寒い期間が長くて、レース期間が短く、メダル集めに苦労しておられるとのこと。それなら!!と、私は連絡を取り、大阪水都100kmでのメダルや、私の地元のフィラデルフィアでのメダルを送り始めたのがご縁の始めです。

4/2/2015
Very special thanks to my Medals4Mettle Japan for the wonderful donation(s) to the North Dakota Medals4Mettle Program. There will be some VERY excited patients - young and old - who will receive these tokens of hope and healing. Thank you from the bottom of my heart, M4M Japan!


日本のM4Mの皆さんに心からの感謝!M4Mのノースダコタに素晴らしい寄付をありがとうございます。こちらには、希望と治療終了の印として、皆さんのメダルを受け取るべく子供からお年寄りまでたくさんの患者さんがいます。本当にありがとうございます。



M4M ノースダコタのFBページはこちら。
https://www.facebook.com/groups/NDMedals4Mettle/